Xcode6.2はiOS8.3に対応していない

アプリを実機のiPhone6 Plusで確認しようとしたら、このXcode6.2はiOS8.3に対応してないよ!っていうエラー。

The Developer Disk Image could not be mounted.

じゃあXcodeをバージョンアップするか。

Xcode6.3はOS X Yosemiteから

AppStoreを開いて、Xcodeをアップデートしようとしたら、最新のXcode6.3はOS X Mavericks(OS X 10.9)対応してない...。

AppStore Xcode6.3

Xcode6.3はOS X Yosemite(OS X 10.10)からだそうだ。

自分のMacbook Proは13-inch mid 2009なので、さすがにYosemiteにアップデートする気にはなれない。

どうすればいいんだろうか。

なんで、iPhone 6 Plusを何も考えずにiOS8.3にしてしまったんだろうかと、しばらく悔やんで、ダウングレードの方法とか考えていたわけですが、Xcode6.2でiOS8.3にアプリを転送する方法があったよ!

Xcode6.2をiOS8.3に対応させる

Xcode6.3がインストールできないんだったら、Xcode6.3の対応プラットフォーム情報だけ引っこ抜いて、Xcode6.2に突っ込んでしまえばよい。

最新のXcode6.3をダウンロード

まずはDeveloper CenterからXcode6.3をダウンロードする。

Developer Center Xcode6.3

今だと、Xcode 6.3.1があるかと。

Xcode6.3の中身を表示

ダウンロードが完了したら、.dmgファイルを解凍して、右クリックで「パッケージの内容を表示」するとXcode 6.3の中身を確認。

Xcode6.2にXcode6.3のDeviceSupportフォルダを突っ込む

Xcode6 2 iphone ios8 3 4

このXcode6.3の/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platformにあるDeviceSupportフォルダをXcode6.2のDeviceSupportフォルダと差し替えます。

これで、Xcode6.2でもiOS8.3の実機でアプリを転送して確認することができます。

今年、Macbook Pro買い替える予定なので、それまではOS X Mavericksで頑張る。