FlashAir

無線LAN内蔵SDカードって言うとEye-Fiが有名で、自分もEye-fiを使っています。FlashAirも同じようなもんだろうと思っていましたが、どうやら違うようで、ファイルサーバのような役割をしてくれるようです。

デジカメからスマートフォンに写真を転送

自分の場合、デジタル一眼レフカメラにEye-Fiを挿入していて、ダイレクトモードを使用して撮影した写真がiPadに送信されるようにしています。

こうすることで、iPadの大きなディスプレイで確認することが出来て、写真の良し悪しがよく分かるので便利です。さらに友だちなどにシェアし易いのも使っていて便利な点です。

Eye-Fiの場合、専用アプリをiPadに入れているので、写真をパシャリと撮るたびに全ての写真が転送されてきます。

正直、プロのカメラマンじゃないので、失敗した写真まで転送されてくるので、iPadには無駄な写真がいっぱい...。

特定の写真だけ転送してくれればいいのに...って思っていたわけです。

特定の写真だけダウンロードできる

FlashAirは写真を撮影しても、自動で転送されてくるわけではない。ファイルサーバのような役割なので、自分でスマートフォンやタブレットなどから、デジカメに挿入されているFlashAirに接続することで、撮影した写真を閲覧することができるというものだ。

気に入った写真があれば、スマートフォンにダウンロードして保存するなりシェアすることができるわけだ。

写真のシェアが目的ならばFlashAir

FlashAirなら、シェアしたい時だけ接続してダウンロードできるから、スマートフォン経由でFacebook、LineやTwitterでシェアしたり、メールで友だちに送ったりしやすいかと。

専用アプリもリリースされているようなので、FlashAirへの接続やダウンロードも非常に簡単にできるかと思う。

気になる。