Formula E Car

F1のような爆音で鳴り響くエンジンのエグゾースト音はないが、別の迫力がフォーミュラEにはある。

電気自動車とはいえ、その速さはF1に引けをとらない。

全て市街地で行われる公道レース

電気で走るため、エンジンの騒音が少なく、排気ガスが出ないため、全てのレースが市街地の公道で行われる。

F1では市街地レースといえばモナコだが、市街地レースの魅力でもある美しい町並みと白熱するレースを、フォーミュラEは毎回見ることができるわけだ。

また、市街地レースは近くに建物などがあるため、よりスピード感を感じられるはずだ。

迫力もあるはずだ。

世界10都市で開催

2014-2015シーズンは、世界9ヵ国、10都市で開催される。

  1. 中国 / 北京
  2. マレーシア / プトラジャヤ
  3. ブラジル / リオデジャネイロ
  4. ウルグアイ / プンタ・デル・エステ
  5. アルゼンチン / ブエノスアイレス
  6. アメリカ / ロサンゼルス
  7. アメリカ / マイアミ
  8. モナコ / モンテカルロ
  9. ドイツ / ベルリン
  10. イギリス / ロンドン

どの都市も非常に魅力的なレース風景が期待できる。

日本からはSUPER AGURIが参戦

日本チームとして、F1にも参戦した経験があるSUPER AGURIが参戦する。

SNS連動の加速ボタンシステム!

F1やインディカーでも採用されている、ボタンを押すと加速するプッシュ・トゥ・パス。

フォーミュラEの場合、SNSと連動していて、多くの応援を集めたドライバーはプッシュ・トゥ・パスを追加で与えられるという、ファンの声援がレースに影響を与えるシステムが搭載されている。

未来の音がするレース

フォーミュラEのレースカーが走る音を聞いてもらうと分かるけど、F1とはまったく別物だが、非常に魅力的な音だと思う。

なんというか、未来の音がするんです。スターウォーズのポッドレース的な。

それと、全レースが市街地で行われるのもいいよね。F1でもモナコのレースとか観ていると、美しい都市をレースカーが走り抜ける非日常的な風景が魅力的なわけだけど、それが10都市10レース観れるわけだから、それだけでも観る価値はあるかなと。