氷河期が終息して、温暖化がうんぬん...といった話もあるけど、個々数十年の明らかな気候の変化は無視できない。

地球は大丈夫か? 大気中の二酸化炭素濃度が危険レベルへ… : ギズモード・ジャパンに書いてある世界気象機関(WMO)が発表した情報によると、

2012年から2013年にかけて大気中の二酸化炭素濃度の上昇率が、過去30年間で最高を記録

中国なんかの大気汚染を無視した急成長なども間違いなく影響していると思うんだよね。

もちろん日本も無関係とは言えないけど。

大気中の二酸化炭素濃度の安全圏は350ppm以下と定義しているのですが、このまま上昇率が下がらない場合、今後2年以内に400 ppmという危険レベルに達する

二酸化炭素排出権の売買とかやってないで、本気で削減に取り組まないと大変なことになるよね。